ダイエット

ダイエット中の食事・食材 おすすめ5選

今回は『ダイエット中の食事・食材 おすすめ5選』です。

ダイエット中の食事をどうしたらいいのかと困る方も多いかと思います。

 

ダイエット中のおすすめの食事・食材を紹介します。

 

はじめに

最重要ポイント

ダイエット中はタンパク質を摂る

ダイエット中はタンパク質を積極的に摂ることをおすすめします。

 

人は"食事誘発性体熱生産"といって食事後に体温が上がります。

 

食べた物を消費して熱を作るのですが、タンパク質は食べた内の30%のカロリーを熱を作るために消費します。

ちなみに、脂質は4%です。

 

同じカロリーを摂取しても勝手に身体が消費してくれるのでタンパク質をたくさん摂っても太りにくいです。

 

ダイエットの食事で重要なこととして、こちらの記事もご参照下さい。

参考
ダイエットの食事で重要なこと
ダイエットの食事で重要なこと

 

おすすめ食事・食材

練り物(ちくわ・カニカマなど)

練り物は魚を使用しています。

そのためタンパク質も多く含まれていまし、脂質も少なめです。

 

商品にもよりますが、ちくわでは

栄養成分表示

  • 121kcal
  • 炭水化物 13.5g
  • タンパク質 12.2g
  • 脂質 2.0g

となっています。

 

練り物系は、お値段も安いのでコスパが非常に良いかと思います。

 

小腹が空いた時にもおすすめです。

 

OIKOS(オイコス)

最近、有名になってきている商品です。

コストコなどで大量に買う人も多く見られます。

 

タンパク質が多く含まれているギリシャヨーグルトです。

タンパク質が多い上に、非常においしいです。

 

栄養成分は

栄養成分表示

  • 69kcal
  • 炭水化物 5.1g
  • タンパク質 11.7g
  • 脂質 0g

脂質0gとダイエットには最適な食べ物です。

こちらも小腹が空いた時や朝ごはんにもおすすめです。

 

プロテイン

ダイエットでプロテインを飲むことは最近では少しずつ流行ってきているかと思います。

 

ポイント

プロテイン(ホエイプロテイン)は、ヨーグルトの上澄み液のタンパク質を抽出したものです。

 

そのため、一杯でタンパク質20g程度摂取することができます。

 

栄養成分表示

  • 98kcal
  • 炭水化物 1.8g
  • タンパク質 18g
  • 脂質 1.8g

(個人的におすすめのマイプロテインの成分です)

 

朝ごはんをプロテインだけにして1日の摂取カロリーを抑えるというダイエットがおすすめです。

特に朝に食欲のない方は飲むだけで栄養摂取できるので良いと思います。

 

ブロッコリー

ブロッコリーは栄養価が高く、冷凍ブロッコリーなどもリーズナブルな価格で売っています。

 

ビタミンE.K.葉酸が豊富で、特にビタミンCが多く含まれています。

 

一つあたりの栄養成分

栄養成分表示

  • 41kcal
  • 炭水化物 6.5g
  • タンパク質 5.4g
  • 脂質 0.6g

 

食べ応えもあるのでサラダにすれば満腹感もあるのでダイエットにはもってこいです。

 

なんといっても外せないのは卵です。

 

卵は、1つでタンパク質が6.2gも入っています。

さらにアミノ酸スコアが100もあります。

 

アミノ酸スコアとは、必須アミノ酸が理想的に含まれていると100となります。

卵は必須アミノ酸が理想的に含まれています。

参考
アミノ酸スコアとは?
アミノ酸スコアとは?【解説】

 

ビタミンDなども多く含まれています。

 

栄養成分(卵1つ当たり)は

栄養成分表示

  • 75kcal
  • 炭水化物 1.5g
  • タンパク質 6g
  • 脂質 5g

コレステロールなども多く含まれているので食べ過ぎには注意しましょう。

 

ダイエットの時に注意すべき食べ物

シリアル

シリアルは朝ごはん時間短縮・高栄養素として食べられています。

 

しかし、少ない量で高栄養素ということはダイエットに反しています。

少ししか食べていなくても多いカロリーを摂取してしまうことになります。

 

 

ダイエットをしていないときは高栄養素で良いのですが、ダイエット中・太りたくない方はやめておくことをおすすめします。

 

タピオカ

最近、流行っているタピオカですが、タピオカの原料はキャッサバといわれる植物の根茎から製造したデンプンです。

 

デンプンは炭水化物の一種ですので、カロリーが比較的多くなります。

 

タピオカはジュースに入っているため、糖分の多いジュース+デンプンでとんでもないカロリーを摂取してしまいますので、太りたくない方は控えておきましょう。

 

ダイエットの食事はやりすぎない

ダイエットしようと気合いを入れすぎて、いきなり過度なカロリー制限をする方もおられますが、それはキツいです。

 

空腹感を我慢できずに結局、食べてカロリーを摂りすぎることはよくあります。

短期間でのダイエットは難しいので、少しずつカロリーを減らしましょう。

 

少し減らしたカロリーにも慣れれば、そこまで苦ではなくなります。

少しずつカロリーを減らすようにしましょう。

 

まとめ

今回はダイエット中のおすすめ食事・食材 5選を紹介しました。

 

今回紹介した食事・食材以外にもダイエットに適しているものもたくさんあると思います。

個人的にオススメなものを中心に紹介させていただきました。

 

ダイエットには空腹感はつきもので、ずっと我慢することは大変です。

 

食べても身体のエネルギーになるもの・太りにくいものをご紹介しましたので、みなさまのダイエットの助けになればと思います。

 

ありがとうございました。

-ダイエット

© 2021 ASK+room Powered by AFFINGER5