朝にウォーキングするメリット

ヘルスケア

朝にウォーキングするメリット

今回は『朝にウォーキングをするメリット』です。

朝日を浴びるのが良い・朝のウォーキングが良いということは多く耳にすると思います。

今回は、朝にウォーキングをするメリットを解説していきます。

 

結論

結論

  • 精神の安定・ストレス軽減
  • 脂肪燃焼効果が高い
  • 体内時計の調整
  • 10~30分程度のウォーキングが良い
  • 水・プロテインを飲んでからウォーキング

結論としては、このような感じになります。

 

朝に運動をするメリット

朝にウォーキングするメリット

朝に運動をすることはメリットがあります。

これはウォーキングに限ったことではありません。

 

セロトニン

朝日を浴びることで、セロトニンというホルモンが活性化します。

セロトニンというのは、精神の安定化・脳を活発に働かせる・ストレスの軽減などの効果のあるホルモンです。

 

朝日を浴びるということが、セロトニンが多く放出させることができます。

 

脂肪燃焼効果

朝は脂肪燃焼効果が高い時間と言われています。

そのため、朝に運動をすることで脂肪燃焼効率を上げることができます。

 

朝が脂肪燃焼効果が高い理由は、身体に糖質が少ないためです。

朝は、晩御飯からの時間が長く空いているため、身体の糖質が減っている状態になります。

 

昼や夜は、食事をしっかりと食べた後なので体に糖質が多く残っています。

 

身体は糖質を最初に燃焼させるため、糖質が身体に残っている場合は糖質が優先的に燃焼してしまうため、脂肪燃焼効率が落ちてしまいます。

 

生活リズムが整う

朝日を浴びるのはセロトニンの放出だけでなく、体内時計を整える効果もあります。

 

朝日を浴びながら運動をすることは、体内時計の調整にもなるので身体の調子が整います。

 

雨の日は、身体が思いというのは朝日を浴びることができないので体内時計が狂うことが原因の一つでもあります。

 

なぜ朝にウォーキングなのか?

なぜ朝にウォーキングなのか?

なぜ朝にウォーキングなのか?

という疑問に思う方もおられるかと思います。

 

朝は、身体の筋肉が硬く、心臓の動きなども寝起きでは準備不足です。

そのため、ウォーキング程度の軽い運動から開始することが好ましいです。

 

朝に激しい運動を行っても良いのですが、しっかりとウォーミングアップをする必要があります。

 

そういう意味でも、朝のウォーキングは一日の始まりに適しています。

 

ウォーミングアップでウォーキングを行い、そこから筋トレ・スポーツを行うというのは良いかと思います。

 

水を飲んでからスタート

水を飲んでからスタート

朝は、身体の水分量が少なくなっています。

そのため、朝のウォーキング前は必ずコップ一杯の水をしっかりと飲んでから行いましょう。

 

寝起きの身体には、白湯程度の温度の方が身体に優しく、吸収しやすいです。

 

ストレッチも行う

ストレッチも行う

朝のウォーキングの前には、軽くストレッチ・体操を行いましょう。

 

朝は身体が硬くなっています。

ウォーキングの前に、腕を振る・足を上げるなど軽いストレッチ・体操を行いましょう。

 

ゆっくりのペースで歩きながらの動的ストレッチでも構いません。

 

運動時間

運動時間

朝のウォーキングの時間は10~30分を目途に行いましょう。

 

セロトニンの放出には、朝日を10~30分程度浴びることで放出されます。

そのため、最低10分以上は朝日を浴びるためウォーキングをする必要があります。

 

あまりウォーキングが長すぎても疲労感が出てしまうので、軽く歩いたなという程度で十分です。

 

朝食は?

朝食は?

朝にウォーキングをする上で朝食はウォーキングの前後どちらかを迷うと思います。

 

理想的なのは

  • 朝のウォーキング前にプロテイン
  • ウォーキング後に朝食

です。

 

朝の身体は糖質も枯渇していますが、タンパク質も同様に枯渇しています。

糖質が枯渇している分には、脂質を燃焼してくれるので良いのですが、タンパク質が枯渇している状態で運動を行うと、筋肉を分解してしまいます。

せっかく運動をしても、筋肉を減らしてしまっては意味がありません。

 

プロテインは吸収速度が非常に速いので、ウォーキング前に飲むことでタンパク質を急速に補えます。

 

そして、ウォーキングが終わった後に朝食を食べることで、その後の1日のエネルギーを補給します。

 

注意点としては、空腹でめまいなどがある場合は朝食を先に食べる方が良いです。

もしくは、バナナなどのフルーツを軽く食べてからウォーキングへ行くことをおすすめします。

 

注意点

注意点

朝のウォーキングには注意点があります。

心臓病・高血圧(薬でコントロールできていない方)のある方は、注意が必要です。

 

朝に急に運動をすることは、心臓や血管に大きな負担になります。

 

そのような方は、外に出て朝日を浴びる程度にしている方が良いです。

 

もしくは、ゆっくりと歩く・脈拍が20回/分上がる程度までの運動に抑えるようにした方が身体に良いです。

 

健康になるために、心臓・血管に過度な負荷をかけることは本末転倒です。

 

身体には十分注意して朝にウォーキングを行うようにしましょう。

 

まとめ

まとめ

今回は朝にウォーキングするメリットについて解説しました。

 

朝にウォーキングをすることは、メリットが多くて健康維持・増進に不可欠です。

 

自分の身体の状態を確認して、良い状態で朝のウォーキングを行いましょう。

 

ありがとうございました。

 

 

-ヘルスケア

© 2022 ASK+room Powered by AFFINGER5