プロテインの種類について

サプリメント

プロテインの種類について【解説】

今回は『プロテインの種類について』です。

最近、筋トレされる方だけでなく、ダイエット目的や健康増進でもプロテインを飲む方も増えておられます。

 

プロテインにもダイエットに適している物・筋トレに適しているものなど様々です。

 

今回は、プロテインの種類・目的に応じたプロテインの選び方などについて解説してきます。

 

結論

結論

結論

ホエイプロテイン:トレーニング前後に飲む消化吸収性が高いもの

カゼインプロテイン:ホエイプロテインよりも、消化吸収時間が遅く満腹感が長く感じられるもの

ソイプロテイン:大豆が原料で消化吸収速度が遅く満腹感が感じられるもの

ポイント

トレーニングには、ホエイプロテイン

ダイエットには、カゼインプロテイン・ソイプロテイン

というイメージです。

プロテインの種類

プロテインの種類

プロテインには

  • ホエイプロテイン
  • カゼインプロテイン
  • ソイプロテイン

などの種類があります。

 

どれもタンパク質を多く含まれているサプリメントです。

しかし、それぞれ消化吸収速度などの違いから目的に合わせた用途で使い分けられます。

 

ホエイプロテイン

ホエイプロテインは、一般的にプロテインといわれてイメージされるものかと思います。

 

原料が牛乳に含まれるタンパク質の一種で、ヨーグルトの上澄みをホエイと呼びます。

そのホエイ(乳清)からタンパク質を抽出したものをホエイプロテインと言います。

 

ホエイプロテインには種類があります。

  • WPC(Whey Protein Concentrate)
  • WPI(Whey Protein Isolate)
  • WPH(Whey Protein Hydrolysate)

それぞれホエイからタンパク質を抽出する際の量・精度が異なります。

 

WPC(Whey Protein Concentrate)

ホエイプロテインコンセントレート(WPC)と言い、タンパク質含有量が80%前後となります。

一般的なホエイプロテインは、このWPCになります。

タンパク質含有量は3つの中で一番少ないですが、値段が安いというメリットがあります。

 

WPI(Whey Protein Isolate)

ホエイプロテインアイソレート(WPI)と言い、タンパク質含有量が90%を超えます。

乳糖不耐症と言って、WPCだとお腹を壊してしまう・便が緩くなるという方でも大丈夫と言われているプロテインです。

WPCよりも値段が高くなってしまいます。

 

WPH(Whey Protein Hydrolysate)

ホエイプロテインハイドロルセイトと言い、タンパク質含有量はWPIよりも少ないと言われていますが、吸収速度が早いというのがメリットです。

値段は3つの中で一番高価になります。

ホエイプロテインの用途

ホエイプロテインは、WPC・WPI・WPHと種類がありますが、どれもトレーニングに適しています。

 

比較的、吸収速度が早いのでトレーニング前後に飲むことで、筋肉の回復・再生を促してくれます。

ダイエットなどにも利用はできますが、一番適しているのはトレーニング前後です。

カゼインプロテイン

カゼインプロテインも、ホエイプロテインと同様に牛乳を主成分とするプロテインです。

 

カゼインプロテインはホエイプロテインとは異なり、吸収速度がゆっくりです。

 

ホエイプロテインが水溶性で水に溶ける性質がありますが、カゼインプロテインは不溶性で水に溶けにくいため吸収速度が遅くなります。

ポイント

おおよそ6-7時間かけて体内に吸収されていきます。

そのため、満腹感などが感じられるためダイエットに向いていると言われています。

カゼインプロテインの用途

カゼインプロテインは、先ほども記載したよいうに吸収速度が遅いため、ダイエットを目的とされる方に非常に有効です。

 

ダイエットに使用される場合は、朝食代わりに飲むことがおすすめです。

腹持ちも良いため、朝の摂取カロリーを少なくすることができます。

 

おやつ代わりに飲むことでも間食せずに空腹を少し紛らわすことも可能ですので、ダイエットされる方は、カゼインプロテインでダイエットすると成功しやすいかと思います。

 

他には、就寝前に飲むことがおすすめです。

夜中に、筋肉の回復などが行われるのでカゼインプロテインを飲むことで、夜中にゆっくりとタンパク質を吸収してくれるため身体の回復に有効にタンパク質(アミノ酸)が働いてくれます。

ソイプロテイン

ソイプロテインは、名前の通り大豆からタンパク質を抽出したプロテインです。

 

カゼインプロテインと同様、吸収速度がゆっくりであるためダイエットに向いています。

 

大豆からタンパク質を抽出しているため、イソフラボンも豊富に含まれています。

イソフラボンは体内で女性ホルモンのような働きをしてくれるので、女性でダイエット目的にプロテインを飲む方には非常におすすめです。

ソイプロテインの用途

ソイプロテインもカゼインプロテインと同様にダイエットに利用することがおすすめです。

 

カゼインプロテイン同様、朝食の代わり・間食の代わりに飲むことで腹持ちが良いので不必要なカロリー摂取を防げます。

 

さらにイソフラボンが多く含まれているので、女性のダイエットにはソイプロテインが一番おすすめです。

まとめ

まとめ

今回は、ホエイ・カゼイン・ソイプロテインの解説をしました。

 

最近は、どのプロテインも比較的買いやすい値段になってきています。

そのため、トレーニング中・就寝前など1日の中でも複数のプロテインを併用して使用することもボディメイクに有効です。

 

それぞれのプロテインの特徴を理解し、目的に応じたプロテインを利用していきましょう。

 

ありがとうございました。

-サプリメント

© 2021 ASK+room Powered by AFFINGER5