エナジードリンクの効果は?トレーニングに有効?

サプリメント

エナジードリンクの効果は?トレーニングに有効?

今回は『エナジードリンクの効果は?トレーニングに有効?』です。

最近、エナジードリンクは様々な種類が販売しています。

トレーニング前や疲れている時に飲む方も多いかと思います。

 

今回は、エナジードリンクの成分量や期待できる効果・トレーニングする際に有効か?など解説していきたいと思います。

 

結論

結論

結論

疲労回復効果のある成分は入っており、疲労回復も期待できます。

物によっては、脂肪燃焼効果も期待できるものもあります。

しかし、絶対的な効果ではありません。

 

ポイント

トレーニングの1時間くらい前に飲むことで効果は高まります。

ただし、糖質が多いのでダイエット中の方には向かないです。

 

エナジードリンクとは?

エナジードリンクとは?

エナジードリンクとは、カフェインやアミノ酸、ビタミンなどの成分が入った炭酸飲料をエナジードリンクということが多いそうです。(Google調べ)

 

現在では、レッドブル・モンスターなど多くの種類が販売されており、味も美味しい物が多いです。

 

エナジードリンクの成分

エナジードリンクの成分

エナジードリンクの成分は、先ほども記載しましたが、カフェインやアミノ酸、ビタミンなどが含まれています。

 

ただし、メーカーにより微妙に成分は異なります。

 

今回は、代表的なレッドブルとモンスターを参考にさせていただきます。

レッドブルの成分

100ml当たり

  • エネルギー 46kcal
  • たんぱく質 0g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 10.8g
  • ナトリウム 80mg
  • ナイアシン 3mg
  • パントテン酸 2mg
  • ビタミンB6 2mg
  • ビタミンB2 0.09mg
  • ビタミンB12 2μg
  • アルギニン 120mg
  • カフェイン 32mg

モンスターの成分

100mlあたり

  • エネルギー 50kcal
  • たんぱく質 0g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 12.6g
  • ナトリウム 77mg
  • ビタミンB2 0.7mg
  • ナイアシン 8.5mg
  • ビタミンB6 0.85mg
  • ビタミンB12 2.5μg
  • L-アルギニン 125mg
  • D-リボース 125mg
  • 高麗人参 82mg
  • L-カルニチン 42mg
  • カフェイン 40mg

と若干、モンスターの方が全体的に成分が多めなのかなという印象です。

 

エナジードリンクの成分は十分なのか?

エナジードリンクの成分は十分なのか?

エナジードリンクの栄養成分は、カフェインやアミノ酸、ビタミンが入っておりますが、1日の摂取量と比べて十分なのか?という疑問は多いと思います。

 

カフェイン

カフェインは、成人の方で1日最大400mgまでが推奨されています。

 

レッドブル・モンスターともに100ml当たり32mg・40mgとなっていますので、約300mlの商品だと94mg・120mgとなります。

 

エナジードリンクを1本飲んだからと言って、カフェインの摂りすぎということはありません。

 

トレーニング前などに摂取するには、十分なカフェインの量となっています。

 

ビタミン

レッドブル・モンスターともに、ナイアシンやビタミンに関しては、厚生労働省が推奨するビタミン摂取量を上回るものもあります。

 

例えば、ナイアシンでは、モンスターの場合100ml当たり8.5mgです。約300mlのモンスターでは25.5mgです。

厚生労働省の水量する摂取量は、15~17mgなので、1日の摂取量を上回ります。

 

しかし、レッドブルでは、100ml当たり3mgなので約300mlの缶では、9mgとなります。

厚生労働省の水量する摂取量は、15~17mgなので1日の摂取量には届きません。

 

ナイアシンなどビタミンB群は水溶性ビタミンと言って、摂り過ぎた分は尿として排出されるので、過剰に摂取しても大きな問題にはなりません。

 

そのため、レッドブルでも十分に効果は得られると思います。

 

アルギニン

アルギニンは、100ml当たり、レッドブルが120mg・モンスターが125mgとなっています。

つまり、300mlの1缶では、レッドブル360mg・モンスター375mgとなります。

 

アルギニンに関しては厚生労働省の摂取基準は特に定められていません。

一般的には2-6gの摂取が良いとされています。

 

エナジードリンクでは、アルギニンを2g(2000mg)の摂取には、届きません。

アルギニンを十分に摂取しようとして、エナジードリンクを飲むのでは効果は薄いかと思います。

 

アルギニンの効果についてはこちらに詳しく書いておりますので、ご参考にしてください。

参考
アルギニンの効果とは?
アルギニンの効果とは?【メカニズム解説】

 

どのエナジードリンクが良い?

どのエナジードリンクが良い?

エナジードリンクは、様々なメーカーの物があります。

どのエナジードリンクが一番良いかというのは、わかりませんが成分表示を見て購入することをオススメします。

 

今回の例に出させていただいたレッドブルとモンスターを比較すると、モンスターには"D-リボース・L-カルニチン"が含まれていることがわかります。

 

リボース

リボースは糖質の1種で、疲労回復効果や運動エネルギーを高める効果があります。

 

カルニチン

カルニチンは、ファットバーナーなどのサプリメントにも含まれており、脂肪燃焼効果が期待できる成分です。

 

このように栄養成分表示を見て、自分の目的に応じた成分の入っているエナジードリンクを買うことをオススメします。

 

特にカルニチンが入っているのは個人的にはトレーニング前にオススメです。

 

エナジードリンクはカロリーが高い

エナジードリンクはカロリーが高い

エナジードリンクは糖質など多く含まれるため、カロリーが高いです。

 

そのため、ダイエット中に方には不向きです。

いくらカルニチン・カフェインが含まれており、脂肪燃焼に効果が高いと言っても、カロリーが高いので太ってしまいます。

 

バルクアップなど、体重を増やしながらトレーニングをする方には非常に有効です。

 

最近は、カロリーゼロのエナジードリンクがあるので、そちらであればダイエット中の方も大丈夫です。

 

飲み過ぎに注意

飲み過ぎに注意

エナジードリンクは味も美味しく、飲みやすい物が多いです。

美味しいからと言って、多く飲み過ぎることは身体に悪影響を与えます。

 

1本で比較的多くのカフェイン・ビタミンなどの栄養素が入っているので、1日に何本も飲むことは身体に悪影響になります。

 

必要時に適切な量を飲むようにしましょう。

 

まとめ

まとめ

今回は、エナジードリンクの効果は?トレーニングに有効?について解説しました。

 

エナジードリンクは、適切に飲むことで疲労回復効果や脂肪燃焼、身体のスイッチをオンにするような作用があります。

しかし、過剰摂取は、身体に悪影響となります。

 

しっかりと飲むタイミングを考えて適切に取れば非常に有効なドリンクですので、上手く利用していきましょう。

 

ありがとうございました。

-サプリメント

© 2021 ASK+room Powered by AFFINGER5