アイテム ピックアップアイテム

【厳選】おすすめリストラップ7選【解説付き】

今回は『厳選おすすめリストラップ7選』です。

今回は、ジムで良く見かける、重い重量を持ち上げるトレーニングをする方が多く手首に付けているリストラップを紹介します。

 

おすすめの物の紹介だけでなく、リストラップの違いや効果の解説したいと思います。

 

リストラップとは?

リストラップとは

リストラップは、リストストラップとも呼ばれます。

 

リストラップは、ベンチプレスなど高重量の重りを持ち上げるトレーニングをする際に手首に巻いて使用されるものです。

 

リストラップの効果

リストラップの効果

リストラップの主な効果は

リストラップの主な効果

  • 手首の保護
  • 手首の安定(パワーアップ)

主にはこの2つです。

 

手首の保護

手首は、手根骨と言われるたくさんの小さい骨が集まっている関節です。

 

そのような小さい骨がたくさん集まっている関節に対して、トレーニングで体重以上の重さの物を持つということは、手首にとって非常に過負荷になります。

 

短期間の過負荷であれば、手首も耐えられますが長い間トレーニングを継続していると、疲労の蓄積から疲労骨折や関節炎などを起こしてしまうおそれがあります。

 

リストラップを巻くことで、手首の小さい骨が安定し、重い重量にも耐えやすくなります。

 

手首の安定

リストラップを巻くことで、手首の安定性も向上します。

 

手首の小さい骨をリストラップで安定させることで、手首の力も入れやすく、力も伝わりやすくなります。

 

実際、私もリストラップを巻くときと巻かない時ではゲラれる重量も変わります。

 

手首を安定させることで、力入れやすく・伝わりやすくなり、結果的にパワーアップも図ることができます。

 

リストラップの違い

リストラップの違い

リストラップも様々なメーカーが販売しており、それぞれ違いもあります。

 

主な違いとしては

リストラップの違い

  • パワーグリップの有無
  • 材質
  • 長さ
  • 値段

この辺りかと思います。

 

パワーグリップの有無

パワーグリップとは、握力補助のアイテムです。

 

ダンベルやデッドリフトのバーを持つ際に、パワーグリップと呼ばれるものをバーに巻き付けることで握力を強く使わずに、持ち上げることができます。

 

高重量を扱う方であれば、握力の疲労から効かせたい筋肉を上手くトレーニングできなくなってしまうこともあります。

 

パワーグリップを使用することで、効かせたい筋肉に集中してトレーニングを行うことができます。

 

他には、手のマメを予防するという意味で、パワーグリップを付けられる方もおられます。

強く握らなくて良い分、手のマメができにくいです。

 

パワーグリップは、トレーニングに慣れてきた中級者~上級者が使用されることが多いのでトレーニング初心者の方はくても良いと思います。

 

材質

リストラップの材質は

リストラップの材質

  • ナイロン
  • コットン

と大きくはこの2種類かと思います。

 

パワーグリップ部のあるものでは、皮の物のあります。

 

ナイロン

ナイロンは、安く販売されており、使用される方も一番多い素材かと思います。

 

特にこだわりのない方orトレーニング初心者の方は、ナイロンで使用してみることをオススメします。

 

安いからと言って、使用感が悪いわけではありません。

しっかりと、手首の保護・安定化をしてくれますし、使用後に洗うことも容易です。

 

ただ、パワーグリップ部がナイロンだとやや滑りやすいことがあるので、注意が必要です。

 

私も長年トレーニングを行っていますが、パワーグリップなしのリストラップは毎回ナイロン製にしています。

 

コットン

コットンは、ナイロン製よりも伸縮性に優れています。

 

伸縮性がある分、手首をしっかりと安定させることも可能です。

 

値段に関しては、ナイロン製よりも高くなりますが、比較的安く販売しているものあります。

 

パワーグリップのあるものは、皮の製品も多いです。

 

パワーグリップ部が皮だと、滑ることが少なく非常に安定してトレーニングを行うことができます。

 

値段は高くなることが多いですが、品質的には非常に良いので、がっつりトレーニングされる方は、パワーグリップが皮の物を選ぶことをオススメします。

 

長さ

リストラップは、様々な長さがあります。

 

  • 短い物であれば30cm
  • 通常は45-65cm
  • 長い物であれば80cm以上

となります。

 

特にこだわりがなければ、50cm程度を目安に選ぶことが良いです。

 

リストラップは、手首に1周だけ巻くわけではないので、50cm程度であれば、2-3周巻くことができるので、手首をより安定させることができます。

 

長すぎて、4.5周巻くと可動性の低下から返って力が入りにくくなることもあるので注意が必要です。

 

値段

リストラップの値段も様々です。

 

安いもので800円前後

高い物であれば7000-8000円を超えるものもあります。

 

値段に関しては、予算によって購入する物を変えましょう。

しっかりと巻けていれば、そこまで性能に差はないかと思います。

 

おすすめリストラップ

FERRY リストラップ


FERRY リストラップは、コスパが非常に良いです。

私もトレーニングを始めた頃は、これを使用していました。

 

特に特徴のないリストップですが、悪いところも特にないという良い意味で普通のリストラップです。

長さも50cm、幅8cmと使いやすいサイズです。

 

値段も980円(2021年6月現在)と非常に安く、洗うのも洗濯機で他のものと洗えるので非常にコスパが良いです。

 

リストラップを初めて買うorどれにするか迷っておられる方におすすめです。

 

Schiek シーク リストラップ


Schiek シーク リストラップは、非常にレビューの良いリストラップです。

 

Schiekは、トレーニング用品を取り扱っている会社で、リストラップ・リフティングベルト・グローブなど様々な種類の商品を販売しています。

トレーニング用品に長けている会社なので、リストラップも品質も良く丈夫です。

 

海外のメーカーなので、日本だけでなく海外でも使用される方も多いです。

丈夫なもの、品質の良い物をお探しの方におすすめです。

 

inkfish パワーグリップ


inkfish パワーグリップは、パワーグリップ付きのリストラップです、

本革と繊維素材と2種類販売されており、本革でも1880円(2021年6月現在)と非常に安い値段で販売しております。

 

パワーグリップには、滑り止めもついており安全にトレーニングを行うことが可能です。

さらに、パワーグリップに厚みもあるので、手が痛くなることも少ないです。

 

こちらも非常にコスパの良いものですので、安くパワーグリップのあるものが良い方にオススメです。

 

ゴールドジム(GOLD`S GYM) リストストラップ G3500


ゴールドジム(GOLD`S GYM) リストストラップ G3500は、ゴールドジムが販売しているリストラップです。

巻き付けるタイプのパワーグリップが付いており、懸垂などの際に握力補助もしてくれます。

 

長さも51cmと非常に使い勝手が良いです。

 

なによりも見た目にGOLD'S GYMと書いてあるのが非常に見た目が良く、おしゃれでかっこいいです。

 

トレーニングをしている方であれば、だれでもGOLD'S GYMを知っていると思います。

品質も非常に良いので、おしゃれさも兼ね備えたい方にオススメです。

 

ZAIDAS(ザイダス) リストラップ


ZAIDAS(ザイダス) リストラップは、とにかく安いです。

値段が870円(2021年6月現在)と、僕が見た中では最安値かと思います。

 

安いですが、厚みもしっかりとあり、サイズも長さ55cm・幅8cmと他のものと比較しても大きく差はありません。

 

とにかく安いものを探しておられる方には非常におすすめです。

 

ハービンジャー(Harbinger) リストラップ


ハービンジャー(Harbinger) リストラップは、コットン素材のリストラップです。

 

コットンですが、1281円(2021年6月現在)と安く販売されています。

 

伸縮性も十分あり、巻きやすい素材です。

サイズは、長さ54.6cm・幅3.8cmと幅は狭めとなっておりますが、手首を固定するのには十分の幅です。

 

コットン素材のリストラップをお探しの方には、値段も安く非常におすすめです。

 

まとめ

今回は、厳選したおすすめのリストラップ7選の紹介とリストラップの解説をしました。

 

トレーニングを怪我無く、長く行うためにはリストラップは非常に役立ちます。

トレーニング上級者だけでなく、トレーニング初心者の人こそケガをしやすいのでリストラップを使うことが必要かと思います。

 

手首はケガの多い部分でもあるので、ケガをしないようにリストラップで保護してあげましょう。

 

ありがとうございました。

-アイテム, ピックアップアイテム

© 2021 ASK+room Powered by AFFINGER5